ゴルフドライバーの重いクラブを選ぶ理由

ゴルフ ドライバー 重いクラブ

ゴルフドライバーの選び方として、まず重めのドライバーを選ぶといいでしょう。軽いクラブだとどうしても体の回転を利用しないで、手先でドライバーをコントロールしてしまうようです。ゴルフはミスをいかに少なく出来るかが問題になるので、手先では安定感に欠けるしドライバーの飛距離も出ません。自分の体力にもよりますが少し重く感じるゴルフドライバーでゆっくりとスイングできるクラブを選ぶことをおすすめします。

テニスや野球などボールを打つスポーツを経験していれば、腹筋や背筋を使ってスイングする筋肉を持っていると思うので重めのクラブを使用した方がパワーが伝わり飛距離も出ます。軽い金槌で打つより、重いハンマーで打った方がパワーあるでしょ。それと同じです。

>>厳選イチオシドライバーを選ぶならこちら<<

ゴルフドライバーのシャフトの選び方

ゴルフ ドライバー シャフトの選び方

ゴルフドライバーの平均的なシャフトの長さは44~45インチです。ゴルフは遠心力でボールを遠くへ飛ばします。だからゴルフドライバーのシャフトも長ければ長い方がいいと思いがち。でもゴルフドライバーのシャフトが長くなるにつれて芯に当てる確立が非常に低くなします。特に初心者は普通でもボールを芯に当てることが出来ないので必ず標準を選ぶようにしてください。短いシャフトがあればそちらでもいいぐらいです。

次にゴルフドライバーのシャフトの堅さですが、一般のゴルフショップには2種類用意されています。RのレギュラーとSのスティッフィがあります。一般の男性や初心者はRのレギュラーで十分です。ドライバーショットが吹き上がるなど不満が出ればSシャフトに変えてもいいと思います。ちなみにプロゴルファーはXシャフトを使っている人が多いのですが、中にはRシャフトを好んで使用しているプロもいます。初心者の中にはXシャフトを使っているなどを自慢する勘違いゴルファーがいるので気をつけたいですね。「ゴルフは上がってなんぼ」だから。

>>おすすめドライバーを選ぶならこちら<<

ゴルフドライバーのロフトの選び方

ゴルフ ドライバー ロフトの選び方

ゴルフドライバーを含め、ウッド、アイアンに番手ごとのクラブにボールをあげるために角度がついています。この角度がロフトです。一般男性や初心者はロフトが10~12度がおすすめです。ゴルフドライバーのロフトが10度以下になるとそれなりのヘッドスピードがないとボールが上がりません。

ここで勘違いしやすいのがタイガーウッズが8度のドライバーを使っているから、私も同じドライバーを使うなんて思わないことです。ドライバーはより遠くへより正確にゴルフボールを飛ばすことですから自分にあったゴルフドライバーを選ばないとうまくいきません。ちなみにロフトは表示ロフトと実際のリアルロフトに差があるようです。今はゴルフショップに行けば試打コーナーがあるので一度試打をしてみて、感触を確かめるといいでしょう。

>>売れ筋ドライバーを選ぶならこちら<<

ゴルフドライバーのヘッドの選び方

ゴルフ ドライバー ヘッドの選び方

ゴルフドライバーのヘッドの選び方ですが、今主流になっているデカヘッドでいいと思います。ゴルフドライバーは、チタンなどの金属で出来たヘッドが中心になっていますが、以前は木で出来ていたのでウッドという言い方をしていました。ですからメタルヘッドでもウッドという呼び名で呼んでいます。

ドライバーはゴルフの中で一番飛距離を出すクラブですから、その分ミスをすると致命的なダメージになりかねません。ですからゴルフドライバーは大きめのヘッドでスイートエリアが広いクラブを選んだ方がミスショットの確立を減らすことが出来ます。

次に注意して欲しいのがゴルフドライバーのフェイスです。フェイス(打球面)が分厚いディープフェイスだとボールが上がりにくく非力な初心者には難しいです。ゴルフボールを高く上げたければフェイス面が薄いシャローフェイスを選ぶと簡単にボールをあげることができますので、シャローフェイスを選びましょう。

>>5000円以下の売れ筋ドライバーはこちら<<